店長の交代で生じた薬剤師の待遇の変化

大阪で大手ドラッグストアのチェーン店に勤務をしている30代の女性の薬剤師です。調剤薬局の方が専門性も高いですし、報酬もいいとはわかっているのですが、繁忙期があったり残業が多いことなどから、ドラッグストアでシフト制で定時に帰れる働き方を選んでいます。仕事と家庭のこと、趣味などをバランスよくできることには満足しています。

待遇の変化は突然やってくる

以前、仕事を辞めたいという気持ちになったのは、店長が入れ替わったのがきっかけでした。それまではわたしの働くドラッグストアでは薬剤師は専門性もあり一目おかれる存在として扱われていました。それが店長が替わることで、一般のパート従業員とほぼ同格の扱いを受けるようになりました。もちろんそれまでも在庫の補充やレジ打ちなどは協力してやっていました。しかしそれはあくまでも店舗を見渡して協力をしているというスタンスでした。それがはじめからパート職員と同格の仕事の仕方を求められたので、プライドに傷がつき、接客のために必要なこととは言えども仕事に対するモチベーションが大幅に低下した状態になってしまい、次のきっかけさえあれば、いつ退社してもおかしくない状況でした。

辞める覚悟をしたら気持ちが吹っ切れた

新しい店長はまだ若く人の扱いになれていないようでした。その事は私だけでなくベテランのパート職員の間からも不満として漏れ聞こえるようになっていました。そのような不満があることがわかってきましたし、最悪退社してもいいという気持ちの整理もできてかなり吹っ切れた状況で仕事に臨むようになりました。当初は一般のパート職員と同じ仕事を多く受け持つように指示されていたのですが、むしろそのパート職員たちを束ねる存在に回るようにしました。職場でパート職員にも商品の知識を伝えることで、ただ商品を棚に並べるだけでなく、いつでも接客ができるようにしていきました。結果的に働いている職員の多くがより多くの知識を共有しあい、接客ができているのでいい雰囲気になっています。店長もこのような試みに対しては黙認しています。

今の職場でもできることはあるものです

ドラッグストアや調剤薬局などは、店長や薬局長が変わることで、仕事のやり方や職場の雰囲気が大きく変わることが多いです。私の場合は、若い店長に替わり、薬剤師もパート職員とほぼ同様の仕事をするように指示をされ、不満を抱き辞める覚悟でいました。
どうせ辞めるなら、できることをやりきって辞めようと考え、パート職員に商品知識を伝授し接客にも活かしてもらうことで、店舗の雰囲気作りに貢献することができました。辞める覚悟がなかったら、ここまで勝手なことはできなかったと思います。店長にとっては指示に従わないで勝手な行動をされたことになりますが、結果的には店舗の活気がよくなり専門性が向上し、店舗としてよい方向に進むことができました。
店長との折り合いが悪い状態が続けば転職も考えましたが、店舗のためお客さんのために薬剤師としてできることを考えるようにした結果、仕事へのやりがいも再び感じられるようになりました。どこの職場でも嫌なことはたくさんあるものですが、あきらめずに目の前のチャレンジできることを見つけてみてください。