辞めたいと思ったら辞める?我慢する?

私は薬剤師として働き始めて5年が立ちました。国立病院機構というところで勤務している薬剤師です。この病院は少し特殊で、以前は国の管轄下ではありましたが、最近独立しました。しかしながら、国立療養所などの国の施設も残っており、その他も特殊な病棟の病院が多いのが特徴です。そんなところで働いている私ですが、2年前から転勤できている療養所施設で何度も「仕事を辞めたい」と思った経験がありますので紹介します。

暇すぎる職場を辞めたい

私はもともと、バリバリに働く働き方を好む性格でした。おそらくは大学生の頃、居酒屋のバイトを行いその忙しさになれていったのもあると思います。また、現在の前に赴任していた病院でも比較的仕事に追われ忙しい職場でした。そんな経験を通して、わたしはとても忙しく仕事もたくさんありやりがいのある職場に魅力を感じていたのかもしれません。そんなこともあって、現在勤めている療養所施設では辞めたいと思うことが多々あります。現在の職場は仕事もまったくなく、ものすごく暇なのが現状です。ごくまれに忙しい時はあるのですが、本当にごくまれです。業務内容に関しても一般の病院に比べると非常に少なく、あまり勉強のしがいもありません。やはりそのことが理由で辞めたいと思うことが多いです。

「辞めたい」と思ったときにどうるすか

辞めたいと感じたとき、まずは辞めてどうしようか?ということを考えるようにしました。確かに薬剤師はいろいろなところで働けるメリットがあります。しかし、私には家族があります。今辞めてしまうと、家族にも苦労をかけてしまいます。とりあえずは辞めない意識付けをするようにしました。それに加えて、自分がここでできることを考えました。それは薬剤師としてではなく、そこの職員として出来ることがあるだろうか?確かに薬剤師ではあるけれども、それ以外にできることもあるのではないだろうかと考える様になりました。そうしていく内に少しは仕事量も増えていきなんとなくですが、辞めたくない気持ちも収まってきました。やはり自分の気持ちをうまくコントロールしながら行っていくことが対処法だと思います。

辞めたい理由は何ですか?

誰しも本当に好きで仕事をしているわけではありません。 中には好きで好きで仕事をしている人も中にはいるかもしれませんが、 大半の人はそうではないのではないでしょうか。そんな人は、少し見方を変えてみたらどうでしょうか?仕事を辞めることは正直とても簡単なことです。特に薬剤師は辞めてもすぐに次の職場は見つかることでしょう。でも、本当にそれでいいのか、すこしゆっくりと考えてみることは必要なのではないかと思います。満足のいく職場に出会うことは雇われる側としたら非常に大変なことです。そうであるので、辞めたい!と思ったら、少し考えてみて、今なぜ自分がその様に感じているのを考え、改めて自己分析し解決できるようならばしてみてもよいのではないかと思います。私もそうするように意識しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です